• HOME
  • イベント情報
  • 関東 医学部入試イベント2018 春

関東 医学部入試イベント2018 春

目指せ!医学の道

主催:朝日新聞社メディアビジネス局 後援:日本医師会

特別協賛名門会 家庭教師センター

500名様
無料
ご招待!

現役の医師が、医学部を目指す中高生へのアドバイスを語る広告特集「これからの医学部受験」。
その特別企画として、受験生に医師や医学部生のリアルな声を伝えるイベントを開催します。
医学部生によるパネルディスカッションを通して、医師になるために知っておきたい情報を幅広くお届けします。
ぜひご参加ください。

日時
513

13:00〜16:30(開場12:30)

場所

イイノホール

東京都千代田区内幸町2-1-1  飯野ビルディング

東京メトロ日比谷線、千代田線「霞ヶ関」駅直結、東京メトロ丸ノ内線「霞ヶ関」駅から徒歩5分、

東京メトロ銀座線「虎ノ門」駅から徒歩3分、東京メトロ有楽町線「桜田門」駅から徒歩10分、

JR「新橋」駅から徒歩10分、都営地下鉄三田線「内幸町」駅から徒歩3分

第1部13:00〜14:00

現役医師が語る 医療の現場・医師の心構え

羽鳥 裕 氏(日本医師会 常任理事)

はとり・ゆたか/1978年、横浜市立大学医学部卒業。同年、横浜市立大学病院第二内科勤務。神奈川県立成人病センター(現がんセンター)、横浜市立港湾病院(現みなと赤十字病院)を経て、88年に「はとりクリニック」開設。川崎市医師会理事、神奈川県医師会理事などを歴任し、2014年から現職。

第2部14:10〜14:50

医学部受験を勝ち抜くために
~医師への憧れを現実に~

鈴木 博
(名門会家庭教師センター 医学部受験指導責任者)

すずき・ひろし/京都大学卒業。2018年度医学部入試236名の合格実績をもつプロ教師集団「名門会」の教務責任者。特に医学部合格戦略に精通し、生徒一人ひとりの医学部合格カリキュラム作成のノウハウをもとに、「医学部に強い名門会」を確立している。

第3部15:05〜16:20

現役医学部生によるパネルディスカッション

〈参加予定大学〉北里大学 慶應義塾大学 東海大学 東邦大学 横浜市立大学 ほか

〈コーディネーター〉井原圭子氏(AERA編集長)

Special14:50〜16:30

医学部をめざす中高生へ 無料個別相談会も実施します!

名門会主催 医学部入試ガイダンスより

「どうすれば医学部に合格できるのか?」
プロの進学アドバイザーが生徒の勉強状況に合わせてご対応します。
奮ってご参加ください!
締め切り
55日(土)

24:00まで

※定員に達し次第応募を締め切ります

受付終了しました

【個人情報の取り扱いについて】お預かりした個人情報につきましては、朝日新聞グループおよびリソー教育グループがそれぞれ取得し、下記に示す利用目的の範囲で使用します。取得後は、それぞれが下記に示す内容の通り責任をもって取り扱います。 〈朝日新聞グループの個人情報の取り扱いについて〉○お預かりした個人情報は、招待状発送のほか、朝日新聞グループ(当社、当社のグループ企業およびASAなど朝日新聞を取り扱う新聞販売所)において、以下の利用目的で共同利用します。 共同利用についての公表事項および共同利用者の範囲に含まれるグループ企業の一覧は、以下の個人情報保護方針の記載をご覧ください。(1)商品・サービスの配送・提供 (2)商品・サービス・催し物の案内 (3)既存の商品・サー ビスの改善や、新しい商品・サービスの開発などのための調査 (4)提携企業等から提供された商品・サービス・催し物の案内及びプレゼントやアンケート類の送付○朝日新聞社グループはお客様の個人情報を、法令および個人情報 保護方針にしたがって安全かつ適切に取り扱います。〈リソー教育グループの個人情報の取り扱いについて〉ご記入いただいたお名前、住所などの個人情報は、チケットの発送なら びにリソー教育グループ各社からのサービスのご案内のみに使用させていただく場合があります。個人情報の取り扱いについては弊社ホームページのプライバシーポリシーをご覧ください。

最短で翌日には教師をご紹介できます。

まずはお問い合わせください

  • 人気教師の指導枠の空き状況が知りたい
  • 学習法や志望校対策について個別に相談したい
  • 受講料やプランについて知りたい

受講料などのお問い合わせ

0120-14-3759

受付時間 : 10:00〜22:00

各校のお問い合わせ

メールでのお問い合わせ

新規お問い合わせ

リソー教育グループ 東日本大震災復興支援活動について
リソー教育グループは、被災地の復興のお役に立てるように支援活動に取り組んでいます。詳しくはこちらをご覧ください。被災地の一刻も早い復興を心よりお祈り申し上げます。