勉強はしているのに・・・

どうして思うように点数が取れないの?

原因1

予習復習をせず、集団塾や予備校に通っているだけで、成績が上がらない。

(授業を受けっ放し)

原因2

勉強はしているが、好きなことばかりして、嫌いなことは全くしない。

(科目間格差が生まれる)

原因3

1つの問題集を最後まで終わらせたことがない。思い付きで解いている。

(問題のつまみ食い)

原因4

定期テストや塾の模試の前しか勉強をしない。目先の勉強だけ。

(一夜漬けの勉強)

このような原因は、すべて「無計画な勉強」だからです!

「本格的に勉強を始めるのは夏から」というお考えの方は多いと思いますが、本格的に始める前に、自分の弱点や問題点を見つけ出して改善しておかなければ、夏に思うような成果が得られません。
この夏、一気にスパートをかけて成果を出したい方は、本当の実力をつけるためにも、名門会の“プレ夏期講習会”を効率的に使ってください。

このような勉強の悩みをお持ちではないですか?

□予備校や進学塾に途中入会するのは心配。

□学校の勉強はできるが模試はできない。

□通塾するも思うように成績が上がらない。

□勉強の仕方が分からない。

□科目によって大きな成績差がある。

□部活と勉強の両立ができない。

成績が上がらない理由を“受験のプロ”が見極め、解決します。

勉強は、1分野でも歯車が動かなくなれば、
勉強全体に影響を及ぼします。

【例】英語の勉強の場合

自分の勉強の歯車が円滑に動いているかを、客観的に理解している生徒は意外と少ないものです。
「この科目・この分野をやっておけば大丈夫!」 と言えるほど、受験勉強は甘くありません。
まずは、自分の勉強の進め方をハッキリ決めることからがスタートです。

「覚える(インプット学習)」だけでは、
思うような成績が取れません。

どんな塾や予備校へ行っても、「授業の時間」より「授業外の時間」が圧倒的に長くなります。
問題を解く「アウトプット学習」 により、インプットされた知識の理解が深まり定着します。志望校合格には一定時間以上の演習量が絶対に必要です。

名門会では、授業の中・長期的な目的は、「成績UPと志望校合格」ですが、まず短期的に、「確実に宿題や課題をこなし、アウトプットの学習を十分すること」を目的としています。
つまり、問題演習を計画的に進めることが必要となります。

名門会は、「個人別カリキュラム」計画的に勉強ができます

名門会では、生徒一人ひとりの“夢の志望校”合格から逆算した「個人別カリキュラム」を作成して、授業を進めていきます。
志望校合格までを俯瞰して全科目の戦略を示す「鳥瞰(ちょうかん)カリキュラム」と、受講科目ごとに具体的な学習計画・指導方法を示す「科目別カリキュラム」。この2種類の個人別カリキュラムに基づいたプロ教師の指導で、志望校合格をより確実にします。

名門会の
「合格逆算カリキュラム」の例

【大学受験 鳥瞰カリキュラム】

「鳥瞰カリキュラム」

鳥瞰(ちょうかん)カリキュラムとは、鳥の目のように受験全体を俯瞰して捉え、(未受講科目も含めた)受験に必要な全科目の学習計画・戦略を記したカリキュラムです。
難関校の入試を熟知し、多くの生徒を合格へ導いた教務担任が、鳥瞰カリキュラムを作成します。全科目について、その時点での学習の定着度や、苦手科目・得意科目の状況を考慮した上で「いつまでに、どのレベルまで完成させなくてはいけないか」を計画し、夢の志望校合格に向けた戦略の全体像を示します。

【医学部受験 科目別カリキュラム】

「科目別カリキュラム」

指導を担当するプロ教師が、一人ひとりの鳥瞰カリキュラムを基に、詳細かつ具体的な学習計画に落とし込んだ科目別カリキュラムを作成します。
「どの教材を使い、いつまでに、どんな知識・力を身につけるか」、単元指導の実施時期や課題・演習などを具体的に示した、志望校合格ラインを超えるための逆算型カリキュラムです。

物の長さを測るのに「定規」や「ものさし」を使うように、指導や定着度の進捗を計るには「カリキュラム」という「ものさし」が必要不可欠となります。プロ教師個人の感覚や生徒本人の申告だけで授業が行われると、勉強の実態から少しずつ誤差が生じてきます。特に精度が要求される東大などの最難関校受験や医学部受験では通用しません。

予備校に通われている生徒や受験まで1年以上時間がある生徒であっても、その生徒が抱えているウィークポイントをいち早く見つけ出して即対応する必要があります。受験間際では対策を行うにも限度があります。
模試の点数や偏差値が思うように伸びなかったり、科目間や項目間での差があったり、模試のたびに出来不出来の差が出る生徒さんには必ず原因があります。

是非一度、名門会にご相談ください。

2021年度 名門会 合格実績

◆ 医学部医学科 ◆245(国公立58・私立187

旧帝大医学部 合計8京都大3大阪大2北海道大1九州大2

慶應義塾大1東京慈恵会医科大6順天堂大8日本医科大8大阪医科薬科大11関西医科大9 他多数

◆ 国公立大学 ◆173

旧帝大 合計34 <内、京都大は11!>

◆ 私立大学 ◆

早慶上理:合計76 GMARCH:合計94 関関同立:合計72

◆ 中学受験 ◆

灘中9開成中4桜蔭中2ラ・サール中7 他、各エリア難関校多数

※名門会では、公益社団法人全国学習塾協会の規定に基づいて合格実績を算出・公表しています。

※合格者数は推薦入試合格者を含みます。※名門会とTOMEIKAIの合算になります。

TOMEIKAIは新規事業のため合格実績の割合は僅少です。

“結果”にこだわるから、名門会が選ばれています。

プロによる原因分析(個人別カリキュラムによる)
生徒自身も認識していない「苦手弱点・課題」を、プロの目線で厳しくチェックします。
学習目標や受講回数から逆算して、各生徒別に「個人別カリキュラム」を設定し、授業が行われます。
生徒の学習状況を常に管理し、都度カリキュラムの最適化を図るので安心して勉強に集中できます。

STEP1

夢の志望校の決定

あなたが本当に行きたい
「夢の志望校」を
聞かせてください。

STEP2

合格ラインとの
ギャップを分析

夢の志望校の「合格ライン」と
「あなたの現状」とのギャップを
分析します。

STEP3

2つの個人別
カリキュラムを策定

入試日(テスト当日)
までの期間で、
分析したギャップを埋める
「逆算カリキュラム」を作成。

STEP4

プロ教師による
1対1授業

プロ教師が
「逆算カリキュラム」に基づき、
完全1対1で授業を行います。

STEP5

個人別カリキュラム
の最適化

学習の進捗を常に管理し、
各カリキュラムの
バージョンアップを図ります。

名門会の教室指導
※【自宅指導】or【教室指導】が選べます。

生徒1人に先生1人の「完全1対1の個別指導」を行います。

自習室完備

指導日以外の日でも、開校時間内は自由にご利用いただけます。

カリキュラム面談(教育相談)

教室内に面談室が設置されています。勉強の進捗状況を教務担任が常にチェックし、合格まで導きます。

プロ教師による完全1対1指導の名門会では、みなさんが少しでも安心して受験勉強に取り組めるよう、コロナ対策を整えました。夢の志望校合格へ向けて、学習の遅れを取り戻しましょう。

【対策❶】講師と生徒の間に、大型ビニールカーテンを設置。

【対策❷】講師はフェイスシールドを着用。

【対策❸】講師と生徒はサージカルマスクを着用。

【対策❹】高さ190cmの防御壁で遮断。

【対策❺】入室時の検温と手洗いを徹底。

【対策❻】定期的な換気と消毒。

プレ夏期講習会2021 弱点攻略特別講座お問い合わせ・お申込みフォーム

以下の項目にご入力いただきましたら、画面一番下の「送信する」ボタンをクリックしてください。

速やかに回答をいたしますので、しばらくお待ちください。

数日経過しても返信が無い場合は、お手数ですがこちらよりお問い合わせください。

また、ご入力いただく前に、プライバシーポリシーをご参照ください。

※入力時は半角カナや機種依存文字は使わないでください。

お申し込み内容必須
プレ夏期講習会2021 弱点攻略特別講座
お子様のお名前必須
お子様のフリガナ必須
お子様の性別 女性   男性
お子様の学年
郵便番号必須

※半角数字でご入力ください。

※郵便番号をご入力いただくと、ご住所が自動入力されます。(地区名まで)

住所必須

都道府県

市区町村

丁目番地

ビル・マンション名

電話番号必須

※半角数字でご入力ください。

メールアドレス必須
申込者必須
所属必須
備考

ご質問・ご相談・サービスについての問い合わせなどはこちらへご記入ください。

ご記入いただくと細かなご要望にも、適切かつ詳細にお答えすることができます。

プライバシーポリシーの同意必須

送信前に弊社のプライバシーポリシーにご同意ください。

同意する

お客さまの個人情報は「SSL」により保護されており、セキュリティー機能に対応したブラウザーを使用することで、お客さまの情報を自動的に暗号化して送受信しています。

最短で翌日には教師をご紹介できます。

まずはお問い合わせください

  • 人気教師の指導枠の空き状況が知りたい
  • 学習法や志望校対策について個別に相談したい
  • 受講料やプランについて知りたい

教室見学・受講料などのお問い合わせ

0120-14-3759

受付時間 : 10:00〜22:00

各校のお問い合わせ

資料請求・各種お問い合わせはこちら

新規お問い合わせ

ご質問はメールにてお答えします

(メール返信専用)
新規教育相談