• HOME
  • 特別短期受講コース

特別短期受講コース

こんな状態になっていませんか? (お問合せいただいた方の声)

こういう時だからこそ、「自学自習のコーチ」が必要です。

今年の3月以降、全国各地の学校で休校措置が取られてきましたが、ようやく非常事態宣言が解除され、分割登校という状態ではありますが、6月からは授業が再開されます。

これまでの休校期間には、双方向のライブ配信型のオンライン授業が導入されている学校がある一方、課題の範囲だけを告知する学校もあったり、対応は様々でした。

塾や予備校も同様です。

休校で学校に行けず、通塾も思うようにできなかった期間を、生徒がどのように過ごしてきたかで今後の学力差となって表れてくるでしょう。

来春の受験は待ってくれないのに、具体的な挽回策を示さずに、ただ授業のコマを詰め込むだけの塾や予備校があります。夏期講習会の日程すら組まれていないところもあるので注意しましょう。

自分自身の勉強です。まずは受験から逆算したカリキュラムを早急に組み立てて、本来の勉強をスタートしましょう!

【Q】授業再開後、無茶な詰め込み授業になってませんか?

【Q】塾の夏期講習会の日程と内容はどうなりますか?

【Q】模試がなく、どのくらい学力があるのか分かりません。

【Q】勉強の指示がないので計画が立てられません。

【Q】共通テスト対応の勉強をどのように進めればいいですか?

【Q】AO・推薦入試はどうなるのか?

生徒一人ひとりの状況を確認して、「個人別カリキュラム」を作成し、実行継続させることが重要です!

“結果”にこだわるから、名門会が選ばれています。

「自分なりの勉強」で結果が出るほど甘くありません!

目標設定&現状把握・分析

計画立案

実行・継続

成績UP

プロによる原因分析と学習計画

(個人別カリキュラム)

生徒自身が認識していない「苦手弱点・課題」を、プロの目線で厳しくチェックします。

学習目標や受講回数から逆算して、各生徒別に「個人別カリキュラム」を設定し、授業が行われます。生徒の学習状況を常に管理し、都度カリキュラムの最適化を図るので安心して勉強に集中できます。

step1

夢の志望校の決定

あなたが本当に行きたい「夢の志望校」を聞かせてください。

step2

合格ラインとのギャップを分析

夢の志望校の「合格ライン」と「あなたの現状」とのギャップを分析します。

step3

2つの個人別カリキュラム策定

入試日(テスト当日)までの期間で、分析したギャップを埋める「逆算カリキュラム」を作成。

step4

プロ教師による1対1授業

プロ教師が「逆算カリキュラム」に基づき、完全1対1で授業を行います。

step5

個人別カリキュラムの最適化

学習の進捗を常に管理し、各カリキュラムのバージョンアップを図ります。

◆進学校に通っているが、学校の成績が下位の生徒

◆全く勉強をせず部活に専念している生徒

◆飽きっぽい性格で、1つの問題集を最後まで終わらせたことがない生徒

◆いろんな問題集を買ってつまみ食いしている生徒

◆好きな勉強ばかりし、嫌いな勉強は全くしない生徒

◆思い付きで勉強をする無計画な生徒

ご不安な点はたくさんあると思います。

名門会は、学校や塾、予備校が再開された時に、万全な状態で勉強できることがとても大切なことと考えております。

そのためにも、今までの学習の総復習、今後の先取学習、苦手科目の克服、受験対策、過去問対策などを計画的に進めておくことが重要になります。

名門会は、一人でも多くの生徒の力になり、勉強のバックアップしていきたいと強く考えています。
ご不安な点がございましたら、お気軽にご相談ください。

名門会家庭教師センターの衛生管理

各校舎においては集団感染リスクを最小限に抑えるため、次なる安全対策を講じて授業を実施してまいります。

【1】サージカルマスク着用・入室時のアルコール消毒

社員・講師・生徒は全員マスク着用とし、入室時に手指の消毒を行います。

【2】医療用飛沫感染防止マスク・ビニールカーテンの設置

顔全体を覆う透明マスク(フェイスシールド)の着用(講師に)や、講師と生徒の間を仕切るビニールカーテンの設置により、生徒と講師の接触・飛沫感染を防ぐ個室を用意しています。

【3】高さ190㎝超の防御壁

完全1対1の個別指導は、高さ190㎝を超えるパーテーションで仕切られています。

【4】間隔を空けて授業実施

各教室の指導は全て、1ブースごとにパーテーションで仕切られ独立しています(【3】)。
さらに、極力隣接ブースの使用は控えるようにしています。

【5】教室全体の消毒の実施および定期的な換気の実施

個別ブース内の定期的な消毒及び、定期的な換気を実施します。

【6】講師はブースにて待機

講師同士の感染を防ぐため、講師控え室は使用せず、講師は個別ブースにて待機します。

【7】実施基準

政府および各自治体が要請する基準に準じて、授業を実施します。

※【2】の医療用フェイスシールドは、公的な医療現場で使用されているものと同等の医療器具です。

その他、名門会では備品の清掃や湿度管理なども念入りに行っています。
自宅指導においても、生徒のご自宅に入る際は、マスクの着用、手指消毒を徹底するように指示をしております。

しばらくご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

「特別短期受講コース」受付中

※人気教師の指導枠には限りがあります。お急ぎの方はお電話でお問い合わせください。

0120-14-3759

10:00〜22:00(月〜土)